真紅組ブログ

« 3月 2019年 4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

松本祐子「剛心」 by.北島顕

松本祐子(通称 マツコ)さんを漢字二文字で表すとしたら、
何となくこんな二文字が出て来ました。その漢字は

「剛心」(ごうしん)
「剛心」は建築用語の一つで、意味を抜粋すると、

【剛心とは建物の、強さの中心のことをいいます。
建物には重さの中心としての「重心」がありますが、
それとは別に、たとえば地震の時に、その地震に耐えようとする、その建物が持っている強さの中心点があります。これを「剛心」と呼びます。】との事。

普段は「おっちょこちょい」と言う名のチャンピオンベルトを幾度となく防衛するほどの強者で、幾多の逸話を残し、(本人の名誉の為、敢えて伏せさせていただきますね。)
多分普通の人なら激怒モノになりそうな事もこうなったら逆に面白くなってくる様は正にエンターテイナー!

「その重心大丈夫か?」的なマツコですが、
物語でのポジション・立ち振舞い方など、今、何をすべきかを自分のスキルを駆使し、しっかりとピースに当てはめる。そんな事をしれっと出来る、しっかりとした考え=「剛心」を持ったそんな方だなと思うんですね。

たとえ、普段のおっちょこちょい=「重心」だったとしても、
もうひとつの考え+スキル=「剛心」がしっかりしているから、
建物として=人として魅力的に映るんだろうなぁと。

ただ・・・その「重心」、もうすこ~しだけしっかりさせて下さいませ。

【稽古4週目】「平成」から「令和」へ

皆様、おはようございます!
気がつけば4月となり、桜も綺麗な花を咲かせ、
いよいよ本格的に春の到来ですね。

そんな中、ついに新元号の発表となりました!

「令和(れいわ)」

最初に聞いたとき、奈良時代~平安時代ぐらいの
元号にありそうな響きだなーなんて思ったら、
「万葉集」の「梅花の歌」が引用根拠ということで、
やっぱりその頃の言葉の響きなのかなぁなんて思いました。

「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」

そんな想いが込められているらしいですね。

これからどんな時代を積み重ねていくかで
この「令和」の持つイメージも変化していくのだろうと思うと、
楽しみであると共に、どこか気が引き締まる、
そんな新元号の発表でした。

さて、そんな訳で「令和元年初公演」となる
慶應不思議草子の稽古にも力が入っております。

いよいよ本格的なシーン稽古も始まり、
実際の作品の姿が少しずつ形になってきております。
(低い姿勢で一列に…何をしているんでしょうね笑)

演出のオーダーも少しずつ明確になってきて、
ここから一気に作品創りが加速していきそうです!

平成から令和に変わるのと同じく、
慶應から明治に変わった幕末の世の中で、
そこに生きた者が何を想って行動したのか、
ぜひ劇場で見届けてくださいね!

あべのハルカス近鉄アート館にて皆様とお会いできることを
楽しみにしております♪

久保内啓朗「声芯」by.福田真紀子

皆さん新元号発表されましたね。
「令和」平成は災害が多かったので、和やかでよき時代になるといいなー。お久しぶりです!☆マキーラ☆こと福田真紀子です!

そんな新元号に因んで私がご紹介するキャストは、
くぼっちこと”久保内啓朗“くん。彼を漢字二文字に例えると

「声芯」

彼の印象と言えばええ声でしょう!
今時の言葉を使えばイケボって言うんですか?イケてるボイス。
ええ声って言っても色々あって、彼の声はとっても綺麗なんですよねー。
そんなに低音でもなく、何か透明な感じ?

お顔はおぼこいんですが、しっかりしてて台本と真面目に向き合って芯の通った演技しはるんですよ。
その真面目さで稽古の合間も筋トレしたり素振りしたり鍛練を怠りません。
んで、ホンマに気が利いてええ子なんですわ!
私の失言?にもちゃんとフォローしてくれるんですよ。めっちゃええ子(←そこ!?)

オタ芸もキレッキレで踊るし、でも稽古でやるコミュニケーションゲームが少し苦手みたいです(ニヤリ)

さあ、彼のイケボを聞きにそして真っ直ぐな芝居を見に劇場にご来場ください!!

【稽古3週目】新元号初!公演であること。

ついに!…ついに?
本番7週前のお稽古でした。

お稽古もいよいよ本格化する中、
当日パンフレット撮影もしましたよ。

真紅組自慢の衣装たちが並べられてのドレスパレード!
褒めてるのか貶しているのか分からない野次で
盛り上がりながらの楽しい撮影となりました。
ビジュアル公開を皆さまお楽しみにしていてください!

さて、「慶應不思議草子」は日本が新たな元号となって
すぐの公演となります。
そして新元号発表まであと一週間!!というこのタイミングで
元号というものについて少し振り返ってみましょう。

日本はじめの元号である「大化」から、
今の「平成」まで、日本では実に247個の元号が使われてきました。

……多くない?

私たちが馴染みがあるのはせいぜい平成、昭和、大正くらい…
そうなんです。それは今と昔では元号を変えるときの
ルールがちがっているからなんです。

昔は、地震や天災が続いて凶作になるといった
良くないことが起きたときや、
その逆に美しい雲が現れたり、
甲羅に北斗七星のような模様がある
珍しい亀が見つかるといった良いことがあったとき
(カメが見つかったから元号変える!?)など、
いろいろな理由で元号が変わっていたのです。

なぜなら、元号を変えるのは、
それまでの時代をリセットして一から始めるという
意味が込められていたんですってさ。
2018年は地震等の災害も多く、社会情勢も大きく揺れ動いた年。
世が世なら元号も変わっていたかもしれませんね。

今公演では新元号特典として、
お名前に新元号の漢字一文字でも入っておられる方に
プレゼントがございます!!(前売りに限る)

皆さま、ワクワクしながら新元号の発表を待ちましょう。
そして真紅組の新元号初公演をお楽しみに!!

【稽古2週目】チラシでけたよ!

皆さん、こんにちは。
今週も相変わらず笑いの絶えない愉快な稽古場からお送りします。

左から…

・毎週のように生まれる新名称、ワダプリンを持つ「はにわだ」ことわださん。
・連行された宇宙人の図。高身長の間に挟まる習性のまつこさん。
・無茶ぶりに「三波春夫でございます!」とノーモーションで応える真紅組の芸人ふるちゃんさん。

きっと読者の方には一体何のこっちゃだと思いますが…取りあえず愉快な空気が伝わればなーと思っております(笑)
※こう見えてもちゃんと稽古はしてますよ^^

そんな中で、今回の公演のチラシが完成しました。 とっても可愛らしくて素敵な出来栄えになっております。
今週から各所で皆様のお手元にお届けしますので、もし見かけた場合はぜひお手に取ってじっくりとご覧になってみてください!

【稽古1週目】「慶應不思議草子」 始まりました!!

寒暖の差が激しい時期となってまいりましたが、皆さんお元気でお過ごしでしょうか。
そんな春が迫ってくるこの季節に、今年も真紅組が動き始めます。

早速今回のお話「慶應不思議草子」の台本を手にして、これから創り上げていく作品のことをイメージすると、本当にワクワクが止まりません!

総勢20名を超えるキャスト達と、新しい元号の始まりを盛り上げるべく、楽しみながらも精進してまいります。

新元号初公演は、幕末の終演、元号が「明治」に変わる維新前夜、京の町に起こった、ちょっと不思議な物語。

今年も近鉄アート館で皆様のご来場を心よりお待ちしております。

【艫座・竜骨座・帆座・羅針盤座】阿部遼子

88星座をキャストに当てはめてみよう!
と、考えたとき。最初に思いついたのが阿部さんでした。

4つの星座を一つにして、ギリシャ神話に登場する
アルゴ号です。
4つに分割される前は全天でもっとも大きい領域を有する
アルゴ座として南天の空を悠々と航海していました。

argo_navis_hevelius

そして、阿部遼子さん。
言わずもがな真紅組の船となる人。
船がないと航海の旅には出られません。

しっかりとした竜骨を持つ船に乗り、帆を掲げ、羅針盤で方位をきちんと調べて
全員で目的地へと向かうのです。

さて、今回の「幾望」という名の船は
どんな光景にたどり着けるでしょうか。

みなさまも一緒に見てみませんか?

1525937715579
↑さて、これは何をしているところでしょうか?
答えは劇場で!

※竜骨座には1等星カノープスが輝きます。
全天で2番目に明るい恒星。中国では「南極老人星」と呼ばれ、
この星をみると長生きできるそうです。ありがたやー