真紅組ブログ

« 3月 2017年 4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「歩」 by.DEW

ワオーン!!
(…おはようございます。八房です。)
 
 
%e7%8a%ac
 

・・・すみません、嘘です。。
(いや、最初に配役言われた時は確かに八房だったからあながち嘘じゃないか?笑)

 
 

ケイさんから「極」という字でご紹介頂きました、
相変わらず東の都から参加のDEWでございます。

なかなか恐れ多い字を頂きましたので、今回の作品においても
自分の役割を「極め」られるように精進して参ります。

しかし…「ちょいと天然」なんですかねぇ笑
(心当たりがない・・・訳でもないか^^;)

さて、今回のテーマは「相手がもつ漢字1字の入った珠は?」ということで、
僕がご紹介するのは、昨年の『おしてるや』に続いての真紅組出演となる、
にんちゃんこと「芳賀沙侑美」さんです。
(その時は「にん」という芸名での出演でしたね。)

この人を表す漢字と言われると…ニンジャだから「忍」?というのが浮かぶのですが、
それはちょっと安直かなーと思って悩みだすと止まらない…。

彼女は結構色んな一面を持っているので、どの文字も当てはまるけどしっくりこないなぁと
稽古場で眺めながら考え続けていたところ、ふと浮かんだのが『』という文字でした。

にんちゃんのちょっと人形っぽくトテトテと歩く姿が可愛らしい…という訳ではないです。
(いや、まあそれもあるかもしれませんが笑)

『歩』という字は上下にバラすと「止」と「少」になります。

彼女はどちらかというとガンガン突っ走っていくタイプではないのですが、
しんどい場面でも「止」まってしまうことは「少」なく、何かを掴んで
一歩一歩前進しようとする強さを持っている人だと思います。

一方で、「少」こし「止」まることで、ふと周囲を見渡し、
それに合わせて行動する視野と優しさを持っています。

どんな場面でも全体に「歩調」を合わせつつ、その上で「歩み」を止めず、
ちょっとずつでも「進歩」しようとする姿がとても印象的なのです。

そうやって歩みを進めた先に彼女の魅力があるのでしょうね。

稽古場でも(お姉さま方のパワーに圧倒されつつも笑)着実に真紅組に溶け込みつつ、
徐々に自分の色を出してきています。
その一方で、まだまだ隠し持っているものも多そうなので、
ここから更に楽しくなりそうだなぁなんて勝手に思っています^^

img_20170313_131519

 

そんなにんちゃんですが、今回は舞台上でかなりの爆発っぷりを見せてくれています!
普段はなかなか見れない彼女の一面が覗けるかもしれませんよ!

えっ、どんな役かって?
それは劇場でのお楽しみです!

 
近鉄アート館にて、皆さまのご来場をお待ちしております!

極 by.渡辺ケイ(本若)

皆様、お久しぶりです。
橘耕作さんこと、こうちゃんから「歴」の字をいただきました、狸…ではなく!
渡辺ケイです。

歴史のこと(日本史限定)はついつい口数多くなりますが、広く浅くなので、たまに人物や出来事がごっちゃになって嘘しゃべることがあるので要注意。

うっとうしかったらきちんと言ってくださいね(^^;)。

八犬伝の登場人物の中で、推しメンは彼!と言っていたら、キャスト発表してすぐに阿部さんに謝られました(笑)。

誰か気になる方はこっそり聞いてください(  ̄▽ ̄)。

は、しまった前置きが長くなってしまった。ごめんDEW !!

…というわけで、私が今回紹介するのは、この方。

いまや真紅組に欠かせないマスコット的存在、DEWくんです!!

私が彼を表す一字に選んだのは…

です。

真面目で、一生懸命なDEWくん。
今回、彼はあまり慣れない殺陣があります。

すると、扱う武器と友達になるべく、アンサンブルで出演頂くたてびとの小坂さんを始めとした方々にアドバイスを受けなが
ら、ひたすら稽古。

自分が出番じゃない時は稽古場の片隅でひたすら稽古。

そして目に見えて上手くなっているのです。その極める姿勢、素晴らしい。

そしてDEWくんと言えば、只今東京在住。

毎週土曜日の朝、暗いうちに家を出て大阪にやってきて、日曜日の夜にガラガラとキャリーバックを引きながら帰って行く・・・。そして月曜日の朝からお仕事。

…もうね、色々消費するものが激しすぎですね。

相当な芝居への愛が無いとできませんわ。
究極の、芝居馬鹿です。

実は、きわめる、と思ったときに『究』の字か『極』の字か迷いまして…。

何かをひたすらに追い求める『究』と、

最高を目指すことと同時に最高自体も表す『極』

ずぶずぶはまっていく感のある『究』と、気付いたらそこまでいっちゃってた感もある『極』

(※あくまで個人のイメージです!)

どっちもDEWくんに当てはまるのだけど、と考えた結果…。

真面目で頭もいいのに、時々ちょいと天然なDEWくんは、お芝居が好きで気付いたら今の生活。というようにお見受けしたので、後者かな、と(笑)。

DEWくんを語る上でこの「ちょいと天然」はとても重要です!

それに真紅組メンバーはよく癒されるのです!

その雰囲気と名前から、一部から八犬伝の神犬「八房」役ともささやかれる彼は、この頃真紅組マスコット感も極まれり、なのです。

「狸」……? by.橘耕作(空∞羽)

どうも、マキーラより「作」の字を賜わりました、橘耕作です。
今回もいろんな小道具が出て来て、いろんな物作ってますので、そちらも乞うご期待!
そして、いつか阿部さんの彼氏も作れるよう日々精進中です。笑

さて、今回僕がご紹介するのは、

「夢ばかり」以来2年ぶりの真紅組参加となる渡辺ケイちゃんです。

今回も役者だけではなく、衣装チーフとして総勢31名の衣装を考え、布と格闘中の日々を送ってるケイちゃん。

そんなケイちゃんを漢字一文字で表すなら…でまず最初に思いつくのはやっぱり「」!

(※阿部さんブログ・うそけの裏話その5・なぜかたぬき: Rews-weblog
http://rewsweb.seesaa.net/s/article/236995220.html参照)
みんなの癒しキャラとして、公演Tシャツにも密かに登場してます。

ですが、ここは真面目に…

ケイちゃんが持つ珠の漢字一文字は
ズバリ!「」!!
「歴女」の「歴」です。

とにかく歴史に詳しい!
所属劇団の本若さんでは色々な時代を舞台に脚本を書いてたり、

Bar あの夜」に出てくる歴史上の人物は、どんなにマイナーな人物でも知っていたりと本当に詳しいのです。
まぁ、脚本を書いたりする上で、歴史が好きすぎて困ることもあるみたいですが…笑

今回の舞台の里見八犬伝も大好きなようで、昔読んでた碧也ぴんくさんの「八犬伝」という漫画を今回新たに全巻大人買いしたみたいで、稽古場に持ってきていました。
八犬士の中で特に好きなのは…なんと…

それは、『馬琴の手蹟』を観た後で、ケイちゃんに聞いてみてください。
熱く語ってくれると思います。笑

「和」 by.Elm

あったかくなったり寒くなったり。

桜の便りはまだでしょうか。
皆様体調崩されませんように。
さて、今回のブログテーマ。
漢字一文字で表すならば、
山本美和子嬢は
でしょうか。
美和子嬢は「和」服が似合う。
美和子嬢は「和」顔愛語で人に接する。
しかし根底は「和」而不同。
そして何より「和」衷協同。
美和子嬢と一緒にいるのはとても楽しい。
そこには和が生まれ、輪が広がる。
美和子の「和」
これが私の思う、彼女の一文字。
『馬琴の手蹟』
和気藹々と稽古に励んでおります。
是非ご覧くださいませ。

「情」 by.山本美和子

先日ステージタイガーさんの本番で
人生初のウェディングドレスを着させていただきました。
「これで…遅れたな…」という、ご感想を多数いただきました。
婚期よ、遅れるならば遅れるがいいっ。

どうも。山本美和子です(^-^)
八犬士にちなんだ今回のテーマエッセイ。漢字1字に込められた、共演者に対するイメージは興味深いですね。

そして、私が紹介するこの人に浮かんだイメージは…

この一字、沢山の意味を持ってるんですよね。
慣用句でも、良い意味でも悪い意味でもよく使われる。

ともすればとても冷静に、我が道を行くように見えるこの人は。
とても繊細で、人の機微に対して敏感に感じとる方なんじゃないかなぁと思うのです。
それは、作り出す作品や、何気ない言動を見ていても。

言葉や表情に出さない沢山の感情を、
自分自信の中に染み込ませて
それがこの人がまとう雰囲気になり
作品になっていく。

そして、きっと。
あんまり出さないけど…

「好き」「嫌い」がものすっごくはっきりしてる(と思う!)
人一倍自分がいいと思うものへのこだわりも強い強いっ(と思う!)

一度、心許した人に対してのひたむきな誠実さは八犬士にいそうだなぁとも思ったりします。

繊細で。
意地っ張りで。
しなやか。
時に、頑固(笑)

「情」
この漢字一字が相反する沢山の意味を持つように。
生まれでる沢山の感情をその小さな体に閉じ込めている。

そんな素敵な人です。
この「Elm」さんという人は。

橘耕作(空羽∞) by.福田真紀子

皆様お久しぶりです最近もっぱら着物でお出掛けにはまっている☆マキーラ☆こと福田真紀子でございます!!

今回のテーマ「相手がもつ漢字1字の入った珠。その漢字はなんですか?そしてその理由は?」
私がご紹介するのは耕ちゃんこと橘耕作さんです!!

やっぱり彼は『作』でしょう!!

なんたって手先が器用すぎて小道具のクオリティが半端ないんですから!!
アイデア豊富でこーんなものが、あーんなものに作られたり、色の塗り方で見事な小道具を完成させたり。

何たって名前まで『作』が入ってる!?これはもう生まれ持っての天性でしょう。

うーん私も耕ちゃんの爪の垢を煎じて飲めば器用になれるかなー。

でもそんな器用な耕ちゃんも、ただ阿部さんの彼氏だけは作れないとか、何とか…。

今回も耕ちゃんの小道具にご注目あれ!!

福田真紀子 by.北島顕

皆様こんにちは。
真紅組番外公演の時、受付手伝いをしていたらあるお客様に「前回公演出てましたよね?」とお声がけされ密かに心の中で小躍りした[北島 顕]です、宜しくお願いします。

さて、今回紹介するマキーラこと「福田真紀子」嬢でございます。
この方の珠に書いてある文字はもしかしたら「」かな?

何事も猪突猛進、「カーブ?そんなのあったっけ?」とばかりにぶつかってから曲がる!な、お方でございますわ。

居酒屋でカバン丸ごと忘れてほぼ手ぶら状態にも関わらず自宅前で気付く他、

「本人の名誉の為、自主規制レベル」含め伝説も数々。

でもまあ、その何事にも見事な愚直な猪突猛進ぶりはやはり見習うべき所で、案外忘れてる事に気付かせてくれるありがたーい人なんですよ。
悩んだらその壁を壊すまでぶつかって行く姿はホント立派ですな、いくつになってもその姿勢は見習わないと!

そのマキーラ、これまた見事な「お洒落さん」なんですよ。
何が自分に似合う服かを熟知してるんでるんですかね、何と言いましょうか適切な言葉が見つからないので少々雑な言い方になりますが、「何かえー感じ」なんですよ。

ただ・・・時々出てくるアイテム「銀縁丸眼鏡」・・・
どー見ても滝廉太郎か三木のり平にしか見えません!!
全てを破壊しかねないアイテムなんで、どーかもう少し控えめにお願いします。

そんな  福田「猪突猛進」真紀子 嬢
の丸眼鏡姿は観ることは出来ませんが皆様に楽しんでいただくべく、汗だくになりながら作っております!

是非とも近鉄アート舘へお越しください!