真紅組ブログ

« 5月 2018年 7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【艫座・竜骨座・帆座・羅針盤座】阿部遼子

88星座をキャストに当てはめてみよう!
と、考えたとき。最初に思いついたのが阿部さんでした。

4つの星座を一つにして、ギリシャ神話に登場する
アルゴ号です。
4つに分割される前は全天でもっとも大きい領域を有する
アルゴ座として南天の空を悠々と航海していました。

argo_navis_hevelius

そして、阿部遼子さん。
言わずもがな真紅組の船となる人。
船がないと航海の旅には出られません。

しっかりとした竜骨を持つ船に乗り、帆を掲げ、羅針盤で方位をきちんと調べて
全員で目的地へと向かうのです。

さて、今回の「幾望」という名の船は
どんな光景にたどり着けるでしょうか。

みなさまも一緒に見てみませんか?

1525937715579
↑さて、これは何をしているところでしょうか?
答えは劇場で!

※竜骨座には1等星カノープスが輝きます。
全天で2番目に明るい恒星。中国では「南極老人星」と呼ばれ、
この星をみると長生きできるそうです。ありがたやー

【八分儀座】DEW

5日間働いたら、新幹線へ飛び乗るって土日は大阪へ。
そんな日々をこの稽古中まったく疲れた顔を見せずに、
真紅組のツイッターやインスタグラムにも
楽し気な写真をたくさんアップしてくれました。
もうその姿だけで、おねえさん泣けちゃう。

いつのまにか、そんなお姉さんの目線で
見てしまうようになりました。DEW
初めましての方、”デュー”と読みます。

いや、中身は私よりしっかりしてると思いますが・・・

本当にお芝居が好きなんだなあと思います。
言葉数は少ないけれど、その姿を誰もが知っているから
その努力を知っているから

みんながDEWを「よしっ」と支えたくなるんだと思います。

八分儀座は日本から全く見えない星座です。
フランスの天文学者ラカイユが作った新しい星座なので神話はありません。
ラカイユが設定した南半球の星座は、当時の科学道具シリーズなど
神話がベースになったものとはまた違う楽しさがあります。
(レチクル座なんかもそうですね)

「八分儀」は天体の高度を測って船の位置を決めるための道具です。
何の目標もない海の上で、迷わないように。安全に目的地までたどり着けるように。
星や月、太陽を目印にしていたころの道具。
大航海時代、命がけで海を渡った人々の歴史が刻まれています。

そして、この八分儀座の領域には「天の南極」があります。
天の北極には北極星があるのでわかりやすいのですが、
天の南極には目印となる星がありません。
けれど、南半球はこの星座を目印に星たちが周ります。

気づいたら彼の周りを皆が円となっている。
なんだかそんなイメージでこの星座をDEWくんに当てはめてみました。

1523973157410

【いっかくじゅう座】和田明日香

和田ちゃん、”和田明日香“さんです。
真紅組では「Barあの夜~Special Edition~」から
連続でお付き合い中♪

兎にも角にも真面目で一生懸命。
大汗をかきながら、お芝居を何より楽しんでる様子は
見ていても楽しくなります(^―^)

兎にも角にも真っ直ぐ。
それが例え端から見て「おーい!間違ってるよー!」ということであっても
信じて突き抜けて行きます。
そんな和田ちゃん、先日シーン稽古中、ストップがかかったにも
関わらず一人で続けようとし、稽古場の全員から「和田!!」と
呼ばれるまで芝居を続けようとしたそうです。

どんな集中力だ・・・

一角獣座。ご存知でしょうか?
冬の大三角は、学校でも習うので知らない方はいないという位の
有名な星の並び。
けれどその三角を描いた中に輝くのが、一角獣座です。

角を持つ美しい白馬、ユニコーンの姿ですが
明るい星はありません。4等星以下の星々で構成されるので
街の中ではその存在に気づかれることは少ない星座です。

ですが、この一角獣座。とても人気がある星座の一つです。
三重星に二重星、変光星、星雲やいくつかの散開星団をもつ
実はかなり華やかな場所です。

とくに有名なのは、通称「クリスマスツリー星団」&「バラ星雲」。
遥か彼方の宇宙に輝くツリーと、漆黒の宇宙に咲く一輪のバラのような形は
天体写真においても大人気。
冬の時期の星空解説は、この話題だけでロマンチック度5割増しになります。

決して普段は目立つわけではないんです。
けれど、ひとたび舞台にたてば、キラキラと輝き出す。
見えない心の内には、きっと誇らしい華のつぼみがあると思うのです。

本番はいよいよ明日。艶やかな美しい華を咲かせましょう。

1523973137934

ちなみに、ユニコーンは清らかな乙女には
おとなしく従順になるそうです。
なんだろう・・・和田ちゃんが無理やりユニコーンに乗ろうとしてる姿しか思いうかばない・・・

【やぎ座】福田真紀子

いよいよあと数日で
「幾望」初日です。

ご紹介するのはマキーラこと“福田真紀子”さん

最近着物の楽しさに目覚めて、
よくSNSに着物姿をアップしてくれています(^O^)
洋服とは違って着物では意外と渋好みのマキーラさん、
派手な柄も似合うと思うけどなぁ…

美人だよ。スタイル超いいよ。

けれど深夜をこえて呑んでると、
見た目年齢の時計を早回しして「あかん顔」になるマキーラさん。

大阪城のお堀は道頓堀だと思ってたマキーラさん。

方結びをお願いしたら固結びしちゃうマキーラさん。

イカリングはアメリカの食べ物と答えたマキーラさん。
(リングは英語だから…とのこと。じゃあイカはなんだ…)

今回はどんなネタを稽古場に投下したんだろうなぁ

この星座が思い浮かんだ瞬間に
マキーラさんにはこれしかないと思いました。

山羊座

ある日、神々ご一行が川沿いで宴会を開いていたところ
突然、怪物ティフォンが現れました。
怪物ティフォンと言えばギリシャ神話最恐にして最強の怪物。
ゼウスとも互角に戦えるかそれ以上の存在。

驚いた神々は動物に姿を変えて逃げました。
アフロディーテとその子供のエロスは魚になって川へ(魚座)

ヤギ頭の牧神アイギパーンは
同じく魚に変身して川に飛び込んだところ…
慌てすぎて下半身だけが魚になり、その姿にゼウス大ウケ。

「自分、面白すぎるよ!」
とのことで、その姿が星座とされましたとさ。

他にも格好いい由来のお話もあるんですが、
こんな星座の由来はなかなかお目にかけられない!

数々の発言で伝説を作るマキーラさんにぴったりだ(*^^*)

1523973098493

【かに座】河野祐記(たてびと)

真紅組はじましてメンバー、最後の一人!
河野祐記さんです。
「たてびと」さんより参戦ですっ。

たてびとさんといえば、殺陣の手練れさん達ですが
でも今回・・・殺陣・・・あるの?

いえ、お芝居も手練れなんです!ってきっとこの顔が言ってる!

1523972513288-1

一度だけ、稽古場で代役という名の乱入をしたことがあったのですが(迷惑)
その時に河野くんと絡めるシーンでした。
台詞の行間を膨らませて絡んで行ったら、舞台上初対面にも関わらず
きちんと返してくれました!

素晴らしいチャレンジャー!!

そんな彼はきっと「かに座」です。
目立つ星はないけれど、プレセペ星団を呼ばれる、肉眼では
薄ぼんやりとみえる星団を持ちます。

かに座の神話は、人気が高いです(山本調べ)

********
かに座のモデルは化け蟹カルキノス。
うみへび座のモデルである大蛇ヒュドラーの異父兄弟。

カルキノスとヒュドラーはとても仲良し。
同じ沼に住んでいます。
ですがある日、ヘラクレスにヒュドラー退治されそうになります。
(なぜなら怪物だから)
やられそうになったヒュドラーを見捨てることなどできなかった
カルキノス。
飛び出してヘラクレスの足をハサミで切ろうとしました。
けれど・・・
ヒュドラーとの格闘中のヘラクレスは、全く気付かずに
カルキノスを踏み潰しました。

この捨て身の勇気を認められて、化け蟹は天でかに座となりました。

**********

涙なしでは語れない、この切なすぎる蟹座神話。
愛さずにはいられない、義に厚いカルキノス。

よくわからない乱入者(山本)に果敢に立ち向かい、
舞台上で戦ったその姿勢は。
あの日の河野くんの姿に被るのです。

※舞台上では、踏みつぶせずに終わりました※

【カシオペヤ座】Elm

アンドロメダ座が登場したので、今回はカシオペヤ座です。
アンドロメダ姫のお母さんにあたります。
古代エチオピアの王妃カシオペヤです。

アンドロメダは、岩に縛りつけられて
怪物クジラの生贄にされそうになったところを
英雄ペルセウスに助けられるのですが・・・

元凶はお母さんのカシオペヤ王妃です。

娘の美しさが自慢でしょうがなかったお母さん。
ある日ポロっと
「自分の娘は、海の妖精よりも美しい」と言ってしまったもので
海の神ポセイドンが怒って、怪物をエチオピアの国に差しむけます。
基本的に、怒った神様は情け容赦無しなので
その被害たるや国がこのままでは壊滅と思われるほど。

怪物を鎮めるには「アンドロメダ姫を生贄として差し出せ」という
本人じゃないんかい!という冷徹な宣告。

かくして、アンドロメダ姫は岩に縛り付けられることに・・・というお話なのです。

でもね。
カシオペヤ王妃、絶対こう思ってると思うんです。
「本当のことを言って何が悪いの?」「だって、うちの子の方がかわいいじゃない!」
じゃないと、地平線に沈まない星座として罰をあたえられてるはずなのに
あんなに気品漂う姿で優雅に椅子に座ってないですよ。両手あげちゃってるし。

Elmちゃん、思ったことははっきり伝えます。
誤解を恐れることなく、まっすぐにしっかり、きっぱり
「思っていることを伝える」
それが誰でも。きっと神様にだって言える、強い意志を持った人。

全力で、嫌なことは嫌、好きなことは好き!

・・あ、もしかしたらカシオペヤじゃなくて神様の方かも。

Elm
この写真、好きなのです。
※「宵山の音」より

【レチクル座】高島理(mannequineko)

なんだかんだで長いお付き合いです。
たかしまんこと”高島理“さんです。

稽古後にお酒を飲むと、また無性に稽古がしたくなる私の悪癖に
笑いながら真剣に付き合ってくれるお芝居の戦友でもあります。

毎回毎回、どんな役でも向き合い続けて、
いつしか迷宮に入り、その迷宮にも向き合い続けて
本番前にやっと出てくるようなそんな役作りをするたかしまん。

自分が辿り着きたいお芝居に向かって
進んでいきます。

そんな”たかしまん”は「レチクル座

レチクル=望遠鏡の焦点面に貼った十字線
星の位置を測定するための、いわゆる望遠鏡のファインダーです。

南半球の星座に属しているので、日本では
相当南に行かないと見れません。
けれど近くには「大マゼラン雲」があったり
なんだか周辺はとても華やかです。

今回も彼は、自分の中のファインダーを覗きながら
自分の位置を、辿り着きたいその場所を確認しながら
進んでいるのでしょう。

1523973172522